サイクリング

北海道そらちグルメフォンド2018に行ってきたよ

こんにちは、たきーです。

この夏のロードバイクライフの大トリは北海道そらちグルメフォンドです。

そらちグルメフォンドを知ったきっかけは神楽坂つむりさんのブログでした。

いつかはロードバイクで北海道を走りたいと思っていた私にとって渡りに船のイベントです。

さっそく前夜祭とセットで約80キロのミドルコースを申し込みました。

そらちグルメフォンドBefore

エントリーしたのが4月。

それから4ヶ月経ち、いよいよそらちグルメフォンドの日が近づいてきました。

今年の夏休みはそらちグルメフォンドをメインに据えて

函館からそらちグルメフォンドの開催地である岩見沢まで走っていこうと思っていました。

しかし、その週の北海道の天気予報はほとんど雨。

迷いましたが、予定を変更して晴れている場所に走りに行きました。

ロードバイクでしまなみ海道をサイクリングしてきたよ【尾道→今治】こんにちは、たきーです。 ロードバイク乗りにとってしまなみ海道は憧れの地のひとつです。 走りやすさ、景色、橋を渡って島をつないでいく...
とびしま海道をサイクリングしてきた【今治→三原】こんにちは、たきーです。 しまなみ海道を渡って今治まで来たあと、どうやって本州に帰るか悩みました。 https://kamawanb...
ロードバイクで霧ヶ峰を走ってみた【美ヶ原には行けず】こんにちは、たきーです。 しまなみ海道からのとびしま海道を走った翌日。 私は長野県の諏訪湖の近く、岡谷に来ていました。 目的地は美...

私は北海道を避けましたが、つむりさんを始めとするゲストライダーの人たちは

裏そらちと銘打って北海道を走っていたようです。

飛行機輪行

8/18日早朝、羽田空港へと向かいます。

飛行機での輪行は2回目です。

最初の経験は5年前に友達と行った沖縄一周ライドへの飛行機輪行でしたが

当時はアルミのロードバイクに乗っていたので、多少の無茶はできると判断して

オーストリッチのSL100にダンボールを中に入れて補強するという力技で保護しました。

しかし今はバリバリのカーボンロードに乗っています。

そんな蛮行は怖くてできなかったので、オーストリッチのOS500を新調しました。

行きの飛行機はスカイマークでしたが、輪行袋の取扱も手慣れていて安心して預けることができました。

スポンサーリンク

札幌で観光

新千歳空港に到着したら札幌に向かいます。

今夜の宿がある岩見沢まで直接向かおうかとも思いましたが、

道中で便利な荷物預かりサービスを発見したので、

札幌で寄り道して観光していくことにしました。

ロードバイクの一時荷物預かりにecbo cloakが便利だった話こんにちは、たきーです。 ロードバイク乗りの皆さん、輪行で遠出した時に、輪行袋を預けられたらもっと色々なところに観光に行けるのになぁと...
水曜どうでしょうファンだから移転前HTB本社に行ってみたこんにちは、たきーです。 そらちグルメフォンド2018に参加するために北海道にやってきましたが、 https://kamaw...
札幌駅大丸のすし善はいいぞこんにちは、たきーです。 北海道で食べたいグルメといえば寿司ですよね。 札幌駅周辺でお寿司が食べたかったのでリーズナブルで美...

前夜祭

岩見沢に到着したら今夜の宿であり、前夜祭の会場でもある北海道グリーンランドホテルサンプラザへ向かいます。

目つきが完全にマッドサイエンティストです。

ホテルにチェックインしたら、輪行袋に入れっぱなしだった自転車を出して組み立てます。

自転車は部屋の中に持ち込めないので、階段下のスペースに置かせてもらいます。

部屋で一眠りしたら前夜祭の時間です。

前夜祭の受付では明日の出走受付もこのとき同時にしてくれます。

つむりさんのオーダークロモリロード。色気全開です。当然もしつむしました。

ぢろうさんの光害号。コロニーレーザーかよ

ゲストライダーと準ゲストライダーの6人の方々。

左から神楽坂つむりさん、ぽにっくさん、ぢろうさん、ふぃりりん殿下さん、フレームビルダーの唯さん、パックスサイクルの箱の人。

特に左の4人は物の怪レベルのライダーです。

竹谷賢二さんと篠さん。

他の参加者やゲストライダーの方々と話したり有意義な時間でした。

特につむりさんに聞いたオーダークロモリの話はピンとくるものがあり、

次のバイクはオーダークロモリにしようとこっそり決意しました。

そらちグルメフォンド前半

当日の朝。

ホテルを出発し、コンビニで朝食を食べて会場へ向かいます。

天気予報は曇りのち雨。不安な天候です。

気温はちょっと肌寒いくらいで、それを見越して春秋用ジャージを着てきたのでちょうどいい感じです。

ミドルコースの私は7:30からの受付だったので、それにあわせて会場に向かったところ、

ちょうど7:30スタートのゲストライダー率いるロングコース組とすれ違いました。

スタート待機中です。

私がいままで出たことのあるイベントは、アルプスあずみのセンチュリーライドと富士ヒルクライムですが、

どのイベントも出走前の空気感はいいですね。

いよいよスタートです。

最初の1キロくらいは信号でつかえているので整列して進みます。

赤い電車です。

調べたら引退した車両を有志で保存しているみたいです。

ひたすら直線を走ります。

本当に曲がらないです。

アップダウンもありますが、坂道程度なので下りの勢いで登れてしまいます。

自衛隊の方々による中間エイドです。

メロンゼリーと飴をもらいました。

北海道らしい風景ですが、曇り空なのが残念です。

晴れてたらもっといい景色でしょう。

最初のエイドです。

メロンとコロッケときびだんごを貰います。

食べている間に、雨が本降りになってきました(泣)。

雨の中を進みます。

もうこれくらいの雨になると、逆にテンションが高まってきます。

雨の中を笑いながら走っていたのは私です

もし見かけた人がいたら、怖がらせてしまい申し訳ありませんでした

由仁エイドにたどり着く頃には凍えていました。

寒さのあまり体を震わせながら食事の順番待ちをします。

ゆにガーデンでは、お店の人たちが寒さのあまり震えている私たちをみかねて

お店を開放してくれたうえ暖房までつけてくれました。

本当にありがとうございます。

暖房と温かいご飯でやっと落ち着くことができました。

そらちグルメフォンド後半

由仁エイドで折り返しになります。

お昼ご飯を食べて一息ついたのはいいですが、また雨の中に走り出す覚悟が足りません。

周りでもDNFしようかなという声が聞こえてきました。

あと半分なんだから頑張ろうと自分を鼓舞して走り出します。

体が冷えているので全力で走って体を温めます。

この辺りでゲストライダーの竹谷さんが後ろからものすごい速さで抜いていきました。

頑張ってついて行こうとしましたが、すぐに千切られました(笑)。

土砂降りは収まりましたが、まだ雨は続きます。

この辺りで「俺は不死身の杉本だ」と思い込むことで、北海道での逆境を乗り越えていくライフハックを発明しました。

北海道でなにかに立ち向かう時にオススメです。

長沼エイドです。

ここでもらった温泉豆腐にトマトソースが凄い美味しかったです。

長沼エイドを過ぎたあたりから少しずつ晴れてきました。

路面も乾いて走りやすくなってきます。

晴れてくるとこの辺りの農家の方々も道路沿いに出てきて、応援してくれました。

ありがとうございました。

南幌町エイドでは唐揚げときゃべどらをいただきます。

もうこの辺りからは完全に晴れです。

しかし雨の影響か、ゴール手前の坂バカオプションは私が走る頃には閉鎖されてしまいました。

あとはゴールまで進むだけです。

途中でふぃりりんさんに追いつかれ、ついて行こうとしましたが無理でした。

凄い安定したペダリングで後ろから見ていて勉強になりました。

無事ゴール。写真撮影と完走証を貰います。

左から2番目が私です。

ゴール後も補給があります。

この日を通して、もう食えないよってぐらい美味しい食べ物をいただきました。

食べていたら、向かいにふぃりりんさんが座っていたので少し話させていただきました。

写真にもちょっと肘が見えていますね。

後夜祭のハンバーガーボーイズのライブです。

歌いながら自分達で物販をするという斬新なことをしていました(笑)。

そらちグルメフォンドafter

後夜祭を見届けたあと、岩見沢駅から輪行で新千歳空港に行きます。

翌朝から仕事という現実から目を背けてはいけませんが、

なるべく北海道に居たかったので新千歳21:50発〜羽田23:30着のフライトを選択しました。

新千歳空港ではまず、空港内のスーパー銭湯に入ってさっぱりしましたが、

Twitterを見ていると私が入ったあと入場規制がかかりお風呂に入れないことになっていたみたいです。

夕飯と風呂を天秤にかけて、最初に風呂に入って良かったです。

風呂から出たらほとんどのレストランは閉店していましたが、唯一遅くまでやっている店でスープカレーを食べました。

北海道そらちグルメフォンド2018感想

楽しかったけれど天気が良ければなお良し!の一言につきます。景色やコース、エイドでのご飯全て良かったのですが、雨で本来の良さが発揮できなかったように思います。

次は晴れたそらちグルメフォンドに参加したいと強く思いました。

コースもショート、ミドル、ロングと用意されていますので、初心者の方でも楽しめると思います。

万人におすすめできるイベントです。