サイクリング

ロードバイクでしまなみ海道をサイクリングしてきたよ【尾道→今治】

こんにちは、たきーです。

ロードバイク乗りにとってしまなみ海道は憧れの地のひとつです。

走りやすさ、景色、橋を渡って島をつないでいくスケール感…

色々なメディアで読むたびにいつか訪れたいと思っていたしまなみ海道ですが

東京のローディーである私にとってしまなみ海道は遠い存在でした。

きっかけになったのは妻の里帰り出産と平成最後の夏休みという言葉でした。

今しかチャンスはない!かまわん行こう!

福山に前泊

思い立ったその日の夕方、福山駅に到着していました。

楽天トラベルで適当に予約したホテルに向かいます。

ちなみにそのホテル名でググると予測に部屋番号がでるんですよ。

405号室ヤバイやつだこれ!

幸いこの部屋じゃなかったので、気にはなりつつも

夕食に尾道ラーメンを食べ、明日に備え早く寝ました。

尾道ラーメン

尾道ラーメンは初めて食べました。

濃い醤油味なのかな?あと、ここのチャーハンが絶品でした。

関連ランキング:ラーメン | 福山駅

いざ、しまなみ海道へ

早朝にホテルを出発し、輪行で尾道駅へ。

尾道駅には輪行解除をするスペースがあるので

ロードバイクを組み立てていたらお爺さんに絡まれました。

広島カープと江川について熱く語っていたけど

あれは尾道駅の名物爺さんなのかそれともたまたまあの日だけいた爺さんだったのか…

気を取り直して向島に渡る船乗り場に向かいます。

意外にもローディーよりも家族でサイクリングに来てる人の方が多かったです。

平成最後の夏休みの冒険の始まり。

ちょっと走ったらもうこれですよ。

海と空。夏休み感MAX。

最初の橋、因島大橋が見えます。

因島大橋の内部。橋の中を走る経験は珍しいですよね。

カーブミラーで自撮り。

第2の橋、生口橋。

しまなみ海道は画像左端にあるブルーのラインをたどっていけば目的地に着きます。

交差点でもその都度このラインがどこに向かっているかを表示してくれているので、迷うことがありません。

椰子の木。南国感。

ドルチェ本店でアイスを食べる

ここで休憩をしました。

食べたのは、レモン、スイカ、デコみかんのトリプルジェラート。

うむ美味い!

関連ランキング:アイスクリーム | 尾道市その他

走っていると、急に目に入ってくるマネキン軍団。

夜に見てしまったら間違いなく失禁するでしょう。

マネキン軍団のすぐそばには、瀬戸田サンセットビーチがあります。

そこでメロンソーダフロートを飲んで小休止しました。

同じように休憩している自転車乗りが多くいましたが

大学のサークルでしょうか男女混合でワイワイ夏休みサイクリング組と我々ピチパンローディーおじさん軍団とのギャップの差が地獄でした。

チクショウ!

そんな青春が送りたかった。

第3の橋、多々羅大橋。

広島県と愛媛県の県境です。

お約束の多々羅鳴き龍。

この橋の構造に音が反射して、やまびこみたいに聞こえます。

人型サイクルスタンド。

どう見ても衝突事故にしか見えません。

聖地の石碑で一枚。

この後、お昼ご飯を求めてルートは外れますが食べログ評価の高い店に向かいました。

が、順番待ちで売り切れ。

仕方なくルートに戻って道の駅で食べました。

幻の高級魚、マハタを使った多々羅御膳。

は!か!た!の島

ビーチです。

なぜ私はクソ暑い中、自転車を漕いでいるのでしょうか自問自答しながら橋へと続く坂を登ります。

それでも、同じように走っているお仲間を見かけると嬉しくなります。

お主もMよのぅ

登りでヘタれたので、休憩しながら愛車を撮ります。

最後に亀老山展望公園に行こうとしましたが

斜度に足がついていかず引き返しました。

スポンサーリンク

しまなみ海道走破!今治に到着

今治駅到着。

平成最後の夏休みの冒険1日目が終了しました。

この日は今治駅前のホテルに泊まりました。

夕食は白楽天で焼豚玉子飯

夕食には今治のB級グルメ焼豚玉子飯をいただきます。

いかにも男飯って感じですね。

関連ランキング:中華料理 | 今治駅

しまなみ海道を走ってみての感想

しまなみ海道はブルーのラインで導かれていて

スマホで道を調べることもなく走ることができ快適です。

また、自転車で町おこしをしているためか

幅寄せなどもなく自転車乗りに優しい印象でした。

距離も70キロ程度と、スポーツ自転車ならそれほど無理なく走りきれる長さなので

クロスバイクやロードバイクを始めたばかりの人でも楽しめるでしょう。

とにかく走っていて気持ちのいいコースでしたので、おすすめです。

とびしま海道をサイクリングしてきた【今治→三原】こんにちは、たきーです。 しまなみ海道を渡って今治まで来たあと、どうやって本州に帰るか悩みました。 https://kamawanb...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA