ロードバイク入門

ロードバイクの初心者向けのペダルの選び方を解説します

ロードバイクを買った時にペダルが付いてないけど、初心者はどんなペダルを選べばいいの?

この記事ではこんな疑問にお答えします。

結論から言うと、ロードバイクの乗り始めはママチャリと同じようなフラットペダルがおすすめです。

ロードバイクに慣れてきたら、シマノのSPDペダルでビンディングペダルデビューをしましょう。

ロードバイクペダルの種類

フラットペダル

フラットペダル

いわゆるママチャリと同じ、シンプルなペダルです。

ママチャリと同じ感覚で使うことができるので、初めてロードバイクを乗る人におすすめ。

この後に紹介するビンディングペダルと違い足が固定されないので、転びそうになったときや信号で止まった時にいちいち着脱しなくていいので街乗りメインの使い方にも合っています。

ビンディングペダル

ビンディングシューズとビンディングペダル

ビンディングペダルは専用のシューズとクリートと呼ばれる留め具を使うことでペダルとシューズを固定するタイプのペダルです。

ペダルからシューズを外すときに足を捻る動作が必要なので、ロードバイク乗り始めにはおすすめしませんが、慣れてきたらビンディングペダルの導入を検討してもいいでしょう。

足が固定されることで、どんなに高速で足を回しても、雨の日でもペダルから足がずり落ちない安心感が得られます。

ビンディングペダルの中にも

  • MTB用
  • ロードバイク用

の2種類があり、それぞれ向き不向きがあるので自分にあったものを選びましょう。

MTB用

MTB用シューズはソールに2つ穴があいていて、そこに金属製のクリートを取り付けて使います。

銀色の部分がクリート

ペダルとシューズを固定するためのクリートという留め具がソールの中に入っていて、飛び出さない構造なので、普通の靴に近い感覚で歩くことができます。

クリートが飛び出していないので歩きやすい

街乗りやツーリングで自転車に乗るだけでなく、観光などで歩き回るシチュエーションに最適です。

ペダルはMTBという激しい競技向けなので、金属でできていて頑丈ですが、その分重さがあります。

両面ともクリートをはめられるペダルが多いが、一部片面のものも。

ロードバイク用

ロードバイク用のシューズはソールに3つ穴があいていて、そこにクリートを留めます。

スピードプレイのクリート

ほとんどのメーカーのクリートは軽さを求めてプラスチックで出来ているのでMTB用と比べると足が軽くなりますが、歩き回ったりすると削れてしまいます。

クリートはMTB用シューズと違ってソールからむき出しになっており、プラスチックで滑りやすいこともあり歩きにくいです。

なので、サイクリング先で観光をするには不向きですがクリートカバーをつけることでその弱点は克服できます。

出っ張っているが、黄色いクリートカバーが滑り止めになって歩けるように

クリートの大きさもSPDと違って面積が広いので、シューズとペダルを固定した時にペダリングの力をよく伝えることができます。

より早く走りたい人や、自転車から降りないレースに向いています。

ロードバイクペダルの選び方

用途に応じて選びましょう。

  • サイクリング
  • 街乗り
  • ツーリング
  • レース

とは言っても向き不向きの問題で、どれを選んでも乗る分には問題ないです。

たきー
たきー
私はフラットペダルで沖縄1週ツーリングしたことがありますが、問題なく完走できました。
フラットペダルMTB用
ビンディングペダル
ロードバイク用
ビンディングペダル
初心者×
街乗り
サイクリング
ツーリング
ロングライド
レース×
スポンサーリンク

ロードバイクペダルの主なメーカー

シマノ

日本のメーカーシマノが出しているビンディングペダルです。

一番流通量も多いので、ロードバイク用のビンディングペダルを考えたらまずはシマノで良いと思います。

SPDペダル

SPDとはシマノのMTBやツーリング向けの規格で、シマノペダリングダイナミクスの略です。

激しい衝撃の加わるMTB向けだけあって、ペダルもクリートも金属製で、頑丈にできています。

ちょっとやそっとじゃ壊れませんが、そのぶん重たくなっています。

クリートは

  • シングルリリース
  • マルチリリース

の2種類あり、違いはペダルからの外しやすやです。

シングルリリースはかかとを捻る動きでしか外れない慣れた人向けですが、マルチリリースは多方向に足を捻ると外れる初心者向けのものになっています。

ビンディングペダルデビューにおすすめのペダルです。

SPD-SLペダル

SPD-SLはシマノのロードバイク向けのペダル規格です。

ロードレース向けのものなので価格が高くなればなるほど軽量のものになります。

クリートは

  • 赤色
  • 青色
  • 黄色

と3つあり、赤>青>黄の順番で固定したときの遊びが少なくなります。

初心者の方は一番遊びのある黄色がおすすめです。

LOOK

フランスのメーカーです。

もともとはスキーのビンディングメーカーでしたがロードバイク業界に参入、ロードバイクのフレームやペダルを作っています。

シマノのSPD-SLのモデルにもなった形状で、ロードバイク用ペダルの基礎になっています。

私は使ったことはないのですが、クリートがすぐ減るという噂も。

シェアは多くありませんが、一度ハマってしまうとLOOKから変えられなくなってしまうそうです。

TIME

TIMEもLOOKと同じくフランスのメーカーです。

足を固定しつつも遊びを残すことで膝に優しいペダルと評判です。

SPEEDPLAY

スピードプレイは、シマノ・LOOK・TIMEのペダルと全く違う形になっています。

チュッパチャップスのようなペダルに他社のペダルのようなクリートをはめ込みます。

ペダルより大きいクリートがシューズに固定されているのでシューズからペダルに伝わる力が逃げないようになっています。

また遊びも大きく取られており、膝に優しいペダルとして有名です。

ロードバイクのペダルの選び方まとめ

  1. ロードバイク乗り始めはフラットペダルがおすすめ
  2. 慣れてきたらSPDペダルでビンディングデビューを
  3. ビンディングに慣れたら用途に応じて好みで選ぼう
こちらの記事も読まれています